メニュー

拡散型圧力波治療のご案内

当院は拡散型圧力波(radial pressure wave:RPW)を用いた体外衝撃波治療装置を導入いたしました。

近年、拡散型圧力波治療は腱や石灰性の炎症に有効性が認められ現在は筋、腱、骨、靱帯と様々な領域に応用されております。

従来の治療法では鎮痛・除痛効果が得られなかった難治症例の「新しい治療 」として、選択の幅が広がります。

治療は予約制(原則)にて行います。ご希望の場合は、医師またはリハビリスタッフにご相談ください。

「体外衝撃波」の効果

体外衝撃波による刺激で神経や筋、腱、骨、靭帯の組織の修復を促すことにより、除痛・消炎効果が得られます。

治療を繰り返すことで、さらにその効果が増大することが期待できます。

体の部位や症例、症状によって効果の度合いや持続性が異なることがあります。

 

適応症例

体外衝撃波を用いた腱、骨、筋組織への治療は比較新しく、現在のところ下記の症例に有効とされています。

しかし、今後の研究で適応症例が増減する可能性もあります。

 

禁忌・注意事項

次の項目にあてはまる方は治療を受けていただけません。

治療効果の感じ方には個人差があります。ご承知ください。

※ 治療中は痛みを伴うことがあります。症状や痛みに応じて調節しますので、遠慮なくお申し出ください。

※ この治療は保険適応外(自費診療)となります。注射やリハビリ、検査などと同日に行うことができません。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME